CCC - Cocoro Care for Children

ACTIVITY〜わたしたちの活動〜

私たちの活動は、会員、寄付者、支援団体からの助成金によって成り立っています。

平成24年度および25年度の活動資金の多くを、
公益福祉法人 三菱商事復興支援財団様から助成頂いています。

飯舘村立幼稚園参観日訪問と講演会開催


平成26年3月2日(日)に飯舘村立草野・飯樋幼稚園の日曜参観日の保護者会で、CCC企画の講演会を行ないました。「子どものメディア接触における影響と大人の役割」というテーマで、相模女子大学芸学部こども教育学科の七海 陽先生にお話をして頂きました。日本のこども達は脳の発達の上で重要な「眠り」を阻害されています。その要因として、テレビやゲーム機などの電子メディアへの暴露が大きな問題になっています。特に放射線への心配から外に出て遊ぶ時間が大幅に減っている福島県では、肥満や運動不足という側面に加え、休日一日中テレビを見ている家庭が多く、これがこどもの発達や健康に与える悪影響が懸念されています。この問題は、幼稚園の先生も日頃心配していることであったため、本年度3回目となるCCC企画の講演では、このメディアの問題に焦点を当て、この領域の第一人者のお一人である七海先生にご講演いただきました。七海先生の講演では、メディアへの長時間暴露が健康に及ぼしうる影響について、様々な調査研究から得られている知見についてご説明頂き、さらに望ましい対処法について解説して下さいました。その中で、ただメデイアを生活から排除するのではなく、メデイアと上手につきあうコツについて、分かり易く解説して下さいました。保護者の役割として、①テレビを見ながらでも、言葉がけをしたり、会話に応答し、一緒に視聴する②健全なメディア習慣の育成として、時間を制限したり、見る番組選ぶなど、環境を整える必要があります。日本小児科医会でも、メディア漬けを予防することを提言しています。こどもたちの健康を見守るためには、保護者の意識の健全化も必要です。CCCはこどもたちを取り巻く大人たちへの情報提供も重要な取り組みと考えています。

 

保護者会の終了後に、幼稚園の先生と今後の活動の方向性についての話し合いを行ないました。また、昨年から実施している幼稚園児の健康状態の管理へのサポートとして、角園児の成長曲線のデータ化について、各児童のデータを提示しながら、対応を協議しました。また昨年一部の児童について実施した発達健診のスコアに基づき、今後の対応策についても協議しました。今回は、朝日新聞の同行取材がありました。なお、本講演は元々2月16日に予定していましたが、大雪のため参観日が延期となり、3月2日に開催となりました。

 

140302-1

 

140302-2

 

140302-3

PAGE TOP